下見板張りの荒れ果てた物置小屋を作る(2)

convert_20130103010237
下見板には0.3㎜厚STウッドを使いますが少々分厚いので、一晩水に浸して二つに裂きます。これで厚さ0.15~0.2㎜になります。これも作例どおりです。
一度水に浸すと反りが出るので、裂いた後は平らな物に挟んで重しを載せておかないと使い物になりません。

convert_20130103010313
薄くしたSTウッドを3㎜幅にカットし、0.5㎜ずつ重ねて貼って下見板張りを表現します。
貼り終えた後カッターで板に裂け目を入れて、劣化した表現をします。ついつい、せっかく作った間柱が見えるような位置に穴を開けたくなりますが、あまり開けると不自然になってしまいます。
押し縁(下見板を押える細い縦板)は手元にあったスプレー糊を吹いて貼り付けましたが、塗装時にSTカラーのシンナー成分で適当に剥がれてくれたのが、かえってリアルで良かったです。

convert_20130103010346
convert_20130103010416
四面が完成したら組み合わせますが、一見ボロボロの小屋でも建てたときは正確な日本建築だった筈なので、直角出しは慎重に決めました。
2㎜厚バルサとSTウッドで屋根を載せる基礎を作ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

egger#2

Author:egger#2

カテゴリ
On2 (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR