下見板張りの荒れ果てた物置小屋を作る(1)

convert_20130103010033
キャベツ畑は撤去し、まずは錆びたレールと古枕木を置きましたが、ここにボロボロの物置小屋を設置しようと思います。
「ストラクチャーモデリング1」のポンプ小屋の記事を参考にしました。

convert_20130103010110
記事どおり作れば楽なのですが、作例の2×1.5㎜角材が入手できなかったので、2×2㎜角材ベースに手直しした原寸図をケガきました。

convert_20130103010153
ケガキを利用して檜材をカットして、ゼリー状瞬着で組み立てました。
下見板の破れ目から見えるので1×1㎜角材の間柱は省略できません。

2×2㎜檜材のカットは、いちいち糸鋸で切るほどのこともないのですが、けっこう固いのでカッターでは一気に切れずに斜めになってロスしたりしますし、ニッパだと楽ですが切り口が潰れます。
切断位置の2~3㎜先でニッパでカットしてから切り口にカッターを入れると抵抗なくさくっと切れるので、ニッパでぷちぷち切ってはカッターで正確に切断しました。

引き戸はSTウッドですが、0.5㎜幅の桟を残して窓を切り抜いているとき、ペーパー電車を苦労して作っていた小学生のころを思い出しました。
「模型と工作」の記事が手本でしたが、あのころは学校工作用白ボールとボンナイフとかいう工作用カミソリしか無い環境で、慎重にやっても1㎜幅の窓抜きがうまくいきませんでした。
今思えば、紙の質も悪いしナイフも適していないので、小学生が失敗して当然でしょう。
接着剤もソニーボンドマスタータフとかいう黄色いゴム系が流行っていましたが、糸を引いて大事な部分にくっつくと絶望にかられたものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

egger#2

Author:egger#2

カテゴリ
On2 (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR