ロクタル管の話

convert_20150401150417

受験勉強に飽いた高三のある日、書店で眼に入って何気無く購入した本。実家の書棚で発掘し、数十年ぶりに読み返した。

末尾に頁数調整のために挿入されたような短編「ロクタル管の話」は、「されどわれらが日々ー」より数年前に書かれた初期作品で、生硬だが瑞々しくかなりの名作だと思う。秋葉原のガード下あたりを歩くとき、「ロクタル管の話」で表現された猥雑な露店街の心象を想起することがあり、ずっと読み返したいと思っていた小品。

短編「ロクタル管の話」は、「アノトキノオマエハドオシタカ」が二回繰り返されて終わる。
この言葉の意味、私は最初に読んだ時からずっと「あのときの(純粋だった)お前はどうしたんだ」だと思っていた。
ところが、今回読み返したとき、初めて別の解釈に気が付いた。
「あのときのお前は、どちらの行動をとったのだろうか」という意味ではないかと…。
たぶん後者が正解なのだろう。
何十年も誤解してきたことに、ある日偶然気がつくことがたまにある。

convert_20150401150336

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

egger#2

Author:egger#2

カテゴリ
On2 (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR