動物ギミック(4)

convert_20131130154836

Preiserの鶏くんを外科手術します。

convert_20131130154954

のどに径1.0mmの穴をあけて、極小ネオジム磁石を埋め込みます。
足は切り取り、輪ゴムの細切を接着。
バイスに挟むと潰れてしまうので手持ち作業となり、鼻くそみたいに小さいので、数を作るとなるとけっこう疲れます。

convert_20131130155040

いつも使うサーボ改のホーンに1.2mm厚プラバンで作った円盤を接着。
ここに磁石を貼って回転させます。
同時に、レイアウトに組み込むためのベースも作ります。
地面は磁力を通しやすいよう、プラ板ではなく1mm厚ヒノキ薄板にしました。

convert_20131130155210

鶏くんたちを接着してほぼ完成。
あとは、レイアウトに組み込む前に、地面にモーリンのリアルサンドを固着しておく作業が残っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



動物ギミック(5)



地面にモーリンのリアルサンドを固着して完成。

今回は動かし続けるギミックなので、サーボのギア音が耳障りです。
いまさら動力を換えるのも面倒なので、メロディーICで鶏の鳴声を出すことでギア音を消すのが良いかもしれません。

結局、V社の製品を実際に見る機会がないまま想像で作ってしまいました。
材料代は、Preiserの鶏+サーボ+ネオジム磁石で2,000円程度でしたが、作る手間を考えれば、こういうものは少々高価でも既製品を購入して気楽に楽しむのが良いのでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

動物ギミック(6)

convert_20131205205358

ベースに穴を開けて、

convert_20131205205325

面一にはめこみ、

convert_20131207084932

モーリンリアルサンドで埋めました。
寂れた鉱山風景で済ます筈だったのが、だんだん、ほのぼの系(あるいは不条理系)になってきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ニチユ2tバテロコ(1)

convert_20131208133111

上部軌道を走らせるものが無いので、タイミング良くペアーハンズさんが再販した「HOナロー6.5mmゲージニチユ2tバッテーリーロコ BL2-Fタイプキット」を購入しました。

convert_20131208133154

事前の準備は、ギアシャフトとモーター軸を説明書の長さに切断しておくこと、プラ製ウオームギアの1.0mm穴を貫通させること、そしてねじ止め穴6ヶ所にM1.2mmのタップを立てておく(私の場合はセルフタップ)くらいで、あとは久々にハンダ付け板組を楽しみました。

20131208133245

狂いのない超精緻なキットなので、意外に短時間で素組ができました。やっぱり小さいですね…。
2号機が巨大に見えます。

convert_20131208133319

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ニチユ2tバテロコ(2)

仮組をしていて気がついたのですが、6ヶ所あるM1.2mm×2.0mmねじを最後まで締めると空廻りしてしまいます。

0.2mm厚の洋白板でもねじ穴のタップは大丈夫なのですが、そのうえに留めるのが薄い0.2mm厚の洋白板なので、ねじを締めるとねじ首のねじ山が切っていない部分に到達してしまうのです。

やむなく、キットの余った洋白板に1.0mmの穴をあけてセルフタップした小片を6枚作り、ハンダ付けで裏打ちをしました。

convert_20131209214040

シャーシとボディを固定する2か所は、下から貼ると車高が0.2mm高くなってしまうので内側に貼らざるをえず、ボディとの干渉をさけるのにひと手間かかりました。

convert_20131209214010

こまかいところは作る人が工夫してくださいね、というメッセージが伝わってきそうな味のあるキットで、なかなか楽しませてくれます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
プロフィール

egger#2

Author:egger#2

カテゴリ
On2 (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR