発端

20121124181740.jpg

今年の夏、偶然ネット上で、エガーバーン2号機の復刻版が発売されていることを知りました。
独身時代、暇つぶしに簡単なナローパイクを作ってみたことがありますが、以降今日に至る26年間、鉄道模型など触れる機会の無い人生を送ってきた私です。

ところが、懐かしいエガー2号機の画像を見た途端、少年の頃の一時期、欲しくて欲しくて仕方が無かったのにエガー倒産後でどうしても入手できなかった悔しい気持ちがまざまざと甦り、あの癒されなかった渇望の恨みを今こそ晴らしたい(?)との一念から、思わずネットショップに注文してしまったのが9/13のことでした。

注文した後で、本気で鉄道模型を始めようという意思も無いのに、こんな小さな物に1万円以上も使ったのかという忸怩たる思いもありましたが、手元に届いた可愛らしい姿を手にとって見ればそんな後悔は吹っ飛び、当初は、大切な宝物のように机の上にそっと置いて眺めているだけで満足していました。

そのうち、線路に乗せて動かしてみたくなりましたが、昔の所持品は実家に放置してあるので、線路の一本も手元にありません。
これ以上投資するのもどうかなと思いましたが、丁度その頃ふとしたことで5万円ほどあぶく銭を掴んだので、その範囲内で楽しむなら罰は当たらないだろうと自分の気持ちを整理し、とりあえず動かすだけの一番簡素なものとしてトミックスのミニ鉄道模型運転セットを購入しました。
convert_20121201175112


R140小判形のエンドレスで動かしてみると、フライホイールが付いているせいでしょうか、非常にスローが効くことにびっくり。集電も良くストップすることがありません。
27年前に作った乗工社加藤タイプに失望した頃とは雲泥の差です。走行性能の良さにますます復刻版エガー2号機が好きになり、簡単なレイアウトでも作って走らせてみたいと思うようになりました。

そうした折、最新のレイアウト用品を視察しようと思い、これまた26年振りに昼休み銀座天賞堂を覗いたところ、ストラクチャー用品のところで、ひとつだけ売れ残っているBUSCHのホッパーキットが眼に入ったのです。
ブログ用の写真\DSCF1765_convert_20121124191408.jpg

その昔、ホッパーのあるレイアウトは果たせぬ夢として、エガー2号機と同じくらい憧れの的でした。これも1万円近い高級キットだったのですが、夢遊病者のようにふらふらとその場で買い込んでしまったのです・・・。

こうして、少年期の二大憧憬物であったエガー2号機とホッパーが思いもよらず手元に揃ったことで、お金と手間がかかると判っているレイアウト製作に、いつのまにか踏み込んでしまったのでした(笑)。(レイアウト製作に着手もしていないのに、上記3品購入により、この時点で予算の5割以上を消化してしまいました・・・。)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



過去の遺物を発掘

自宅の補修に使う大工道具類は揃えていますので、台枠作りなどはお手の物ですが、鉄道模型に使う細かい工具は一切手元にありませんから、線路敷設前に、実家に行って使えそうな物を回収してきました。
糸のこ、はんだごて、ピンバイス、精密やすりなどが、まだ使える状態で残っていました。

その昔買ったエガーバーンの貨車3台、ロコインターナショナルのなべとろと運材車各6台、鉱車2台、乗工社の加藤タイプ、無蓋車、木曾貴賓車、エンドウの立山砂防酒井が無事な姿で残っていたので連れて帰りました。その他細々とした螺子や犬釘もあって助かりました。
jikka1

加藤と酒井は分解して清掃注油したら動きましたが、復刻2号機のようなスムーズなスロー運転は望むべくもありません。
26年前に作ったレイアウトもどきも、棚の上にほこりをかぶって残っていました。自分で切断して接着剤で組んだアクリルケースは、劣化してバラバラになる寸前の無残な姿でした。
paikumodoki


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在の状態

現状1
ベースは5.5mm厚シナベニヤ600×320mm。
台枠は12mm厚シナベニヤで高さ140mm。アクリルカバーをかぶせるためにベース寸法より全体を6mm大きく作り、その上にベースが乗っています。
どうせ作るなら遊ぶ道具をしまっておけるようにと、引出しも設置しました。そのため高さ140mmとなりましたが、机の上に乗せたときの視線的に丁度良かったです。
帰宅途中の東急ハンズ横浜でシナベニヤを買い、持参した展開図どおり切断してもらいました。東急ハンズの切断は恐ろしく正確で0.1ミリの狂いも無く、木工用ボンドと小釘でぴったり組み立てることができました。
現状2
TOMIXのパワーパックに電動ポイントのスイッチが2個ついていたので、分岐が2か所だけの簡単なプランに決め、ポイント2個と足りない線路を買い増しました。
線路を犬釘で固定した後、3ミリ厚コルク板を道床にぴったり接するような形に切って貼り、地盤をかさ上げしました。
右側のカーブは築堤のような感じにすべく、線路の両側に10mm幅のコルク板を添わせました。
縁取りは3×4mm檜材です。
kouzouzu
枕木にタミヤエナメルのフラットアースを吹きつけた後、横方向からレールにレッドブラウンを細吹きしました。
停車場部分は8mm厚バルサ板で、土止めをマッチ棒、1×2mm帯材、2×2mm角材で作り、木製粘土で斜面を作りました。右側の築堤部分も粘土でなだらかに整形。
粘土乾燥後、バラストを蒔いてマットメディウムで固着しましたが、KATO淡黄色(細目)を使ったのに、乾燥したら色が変って赤っぽくなったのにはびっくり。
もっと驚いたのはグレインペイント白砂で、白砂というくらいだから乾燥すれば白っぽくなるのだろう、地面はこれを塗ればいいやと思って一面に塗ってみたら、眼もくらむような真っ黄色の世界になってしまって度肝を抜かれました。
いろいろな色の薄めたエナメル塗料を染み込ませてなんとか落ち着かせました。いずれバラスト共々バフを吹いてなじませる予定です。
停車場とホッパーの前はモーリン土職人2号を撒いてみました。
現状3
完成したらどこかに飾ろうと思い、これまた憧れだったプロの手によるアクリルカバーを発注しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

木製トンネルポータル

tonnneru
トンネルポータルは木製です。
「軽便鉄道レイアウトの製作」(87.PRECINCT昭和53年版)を参考にしました。
大振りなエガーの貨車がぎりぎり通過できる大きさです。
左側はカーブに合わせています。

po-tarutosouzumi
塗装してウエザリングしました。
工作用紙、1×2平材、2×2角材、1ミリ厚バルサで作ったので、総工費は実質100円くらいでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

のんびりと

ストラクチャーを仮置きして遊んでいます。
この段階から製作ペースが落ちていく予感がします(笑)。
enkei
hoppatpkato


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
プロフィール

egger#2

Author:egger#2

カテゴリ
On2 (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR