ホッパーギミックVol.3(6)

convert_20131123141040

レールにクレオス艦底色を吹きます。

convert_20131123141116

convert_20131123141148

線路を所定の場所にはめ込み、バルサの踏み板で覆います。

convert_20131124111519

塗装したのち、レールを磨いて通電チェックをして完了。
坑道に通じる配管や電線を配置すれば、もっとリアルになるでしょう。
見慣れてくると6.5mmがトロッコらしい幅で、9mmが広軌に感じてきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ホッパーギミックVol.3(5)

convert_20131117002907

上部軌道の自動往復運転を準備しました。
タイマーICを利用した回路があちこちに公開されているので、私のような者でも簡単に作れるのはありがたいことです。

上部軌道は両端が隠れて見えないので、ダイオードの強制停止。
20cmの超短距離なのでDuty比も関係ありません。
唯一必要なのは適度な周期時間で、ときどき思い出したように動いている姿が垣間見えるようにしたいわけですが、作例に多い片道30秒以下で十分でした。

基板と可変抵抗は山の中に置きます。

convert_20131117002941

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ホッパーギミックVol.3(4)

convert_20131106232053

HOfの車輛は全く保有していないので、ちょっと贅沢して6.5mmの動力を買ってみました。
やはり小さいですね…。でも良く走ります。

convert_20131104222715

上部軌道のレールを準備しました。
総延長20cmのほとんどが坑道とホッパーに隠れ、人の目に触れる部分はわずか5cmです。
まだ自動往復回路を作っていないので、逆転スイッチで往復走行させてみましたが、3Vかけていればスタートでミスることがないようです。



アクセサリーにしていた鉱車をかぶせて走らせましたが、作業員の足が動かないのが不自然です。
帰りの姿も珍妙で、鉱石を積んだ鉱車を引っ張るという不思議な光景になります。
BLを作らねば。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ホッパーギミックVol.3(3)



塗装して設置しました。
排出口をナベトロに近づければ、鉱石が周辺に飛び散ることが無くなるだろうと期待していたのですが、落下衝撃による跳ね散りは無くなりません。あきらめました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ホッパーギミックVol.3(2)

convert_20131103103110

ミニトレインズのロコが入線できるよう高い位置に作ったシュートは、ナベトロとの距離が離れているのが気になっていたので、もっと接近させることにしました。
角材で鉱石の流れを推測して角度を決めます。

]convert_20131103093218

今度のシュートは木製にして、0.5mm厚ヒノキ材を使いました。
プラ板とちがって薄い塗料を染み込ませる塗装が可能だし、むしろこの厚さだとプラ材より強度がある気がします。価格もプラ板の10分の1以下…。

convert_20131103093142

シュートは0.5mm真鍮線を刺して跳ね上げ可能になっています。
先端の柵は鉱石の拡散防止用で、これも0.5mm真鍮線の可動式です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
プロフィール

egger#2

Author:egger#2

カテゴリ
On2 (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR