高所の雨樋の詰りを取り除く(4)

convert_20130901123704
ケルヒャー高圧洗浄機のオプション品で、パイプクリーニングホース(7.5m) です。興味があったので安く手に入れました。

convert_20130901123837
先端ノズルの4箇所の孔から高圧水が逆噴射し、斜め後ろに噴出する水圧の威力で排水管に沿って自走するというものです。

通常の排水パイプは横か下に向かっているのでうまく進みました。
縦樋にはどうかなと試してみると、重力に反して垂直に挿入するので、さすがに自分で登攀はしません。
しかし、逆噴射の威力は効果があり、ホースを軽く押してやるだけで簡単に登っていきます。
スプリングワイヤーと同様、縦樋が曲がった箇所では根気よく押したり引いたりしていると、うまく曲がって進行しました。
最終的にはてっぺんの集水器から水煙が吹き上がったのが見えて、到達したことがわかりました。
これも併用すれば縦樋の水洗いができることがわかりました。(終わり)

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



高所の雨樋の詰りを取り除く(3)

convert_20130901111612

道具だてが出来たら、次に縦樋を切断します。
塩ビ管が差し込めて操作のしやすい高さ(自分の顔の前くらい)で切断して、地面から抜き取ります。雨樋も塩ビ製なのでのこぎりで簡単に切れます。

自宅の縦樋を切断するのは躊躇するかもしれませんが、ホームセンターで縦樋用の継手(1個100円)を買ってきてはめれば、簡単につながります。むしろ、必要なときに外せるので何かと便利です。
convert_20130901111541


縦樋に、塩ビ管を一本ずつ差し込んで、固く繋ぎながら下から押し上げていきます。
あとはパイプクリーナーの使い方と同じです。
縦樋が曲がったところでは押したり引いたりしてスプリングワイヤを進行させます。うまく集水器を突破すれば成功。
完全に落ち葉を排除することはできませんが詰りは解消します。この道具を作っておけば、今後屋根に登らなくてすむでしょう。
しかし、もっと面白い道具がありました。(続く)

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

高所の雨樋の詰りを取り除く(2)

近所のコーナンで細い塩ビ管(外径18㎜、内径13㎜、長さ1m)を4本とその継手3個を買いました。
以前、台所排水パイプが脂詰りしたときに大活躍したスプリングワイヤ式のパイプクリーナーを使います。
塩ビ管を繋いで縦樋に下から差し込み、縦樋が曲がっている部分から先にパイプクリーナーを突っ込む算段です。
convert_20130831204726

パイプクリーナーは、いったん持ち手からワイヤを抜き、ゴムキャップを外します。塩ビ管に、蝶ねじの位置に5mmの穴を開けます。
convert_20130831204803

逆方向からワイヤを差し込めば、蝶ねじを締めてワイヤが止められるようになります。
長さは、縦樋が曲がっている部分から集水器の上まで届けばよいので、50cmから70cmくらいです。
convert_20130831204959

塩ビ管の継手はきつく繋げば簡単にはずれないようですが、下から押したり引いたりするので外れる可能性もあります。
convert_20130831204656

万一パイプクリーナーが雨樋に引っかかっても全体を引っ張って回収できるよう、スプリングの末端に丈夫な紐を繋いで塩ビ管の末端から出るようにしておきます。塩ビ管に紐を通しやすいよう、螺子などの重りになるものを繋いでおきます。
convert_20130831204836

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

高所の雨樋の詰りを取り除く(1)

先日の大雨で、二階の雨樋から水がじゃぶじゃぶ落ちてきました。軒樋を縦樋につなぐ集水器の部分に枯葉が溜まり、腐葉土と化して詰まるのです。

家の背後に小さな雑木林があるので、もともと枯葉が飛んでくる量が多い。
さらに、うちの雨樋は、集水器が軒樋との一体成型タイプではなく、軒樋に金切バサミで花弁状に切込みを入れて、それを下に開いて集水器に繋ぐという古典的で安っぽい手法で作られているので、枯葉がぎざぎざの切込み部分に引っかかってすぐ詰まります。
こうした事情から、何年かに一度は雨樋の詰りに悩まされていました。

雨樋の掃除でも、業者に依頼すると意外な高額を要求されるので、自分でするのが一番。
一階屋根の雨樋と、二階屋根でもベランダから届く部分は、梯子をかければ手で掃除できます。

問題は、まったく足場がない垂直の壁の上の二階屋根の雨樋。縦樋が6mほど垂直に上り集水器に至る場所が二か所あり、ここが困り物なのです。
6m以上の高い梯子があったとしても、すぐ横がコンクリート製の擁壁と下に降りる階段なので、傾斜をつけて梯子を置くことが全く不可能な場所なのです。軒が出っ張っているから、梯子をかけると完全に垂直か下手したら逆傾斜になってしまう。
そうなるとベランダから屋根に登るしか方法が無い。

妻が若くて血気盛んな頃は、私を制して自ら志願してベランダから屋根によじ登り、危なっかしく棒でつついていましたが、いま考えたらぞっとするほど危険なことをさせたものです。私が下で待機していたが、万一転落したら、私共々コンクリートの階段に激突して大怪我を負う。

数年前からは妻が志願しても押し止め、縦樋を一部切って取り外せるようにして、掃除機で吸い込む方法でお茶を濁していましたが、これは効果が薄い。
そこでいろいろ検討しました。(続く)

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
プロフィール

egger#2

Author:egger#2

カテゴリ
On2 (6)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR